複数の条件に一致するセルを数えるCOUNTIFS(カウントイフエス)関数

複数条件に一致するセルを数える

こんにちは!えっちゃんです。
今日は複数の条件に一致するセルを数えてみます。

複数の条件に一致するセルをCOUNTIFS関数で数える

セル「A1」から「D10」にかけて支出の表を用意する。

セル「A12」から「B13」にかけて、「カテゴリーがエンタメ」で「支払元がクレジットカード」だった商品を数える表を用意する。

セル「B13」に「=COUNTIFS(C2:C10,”エンタメ”,D2:D10,”クレジットカード”)」と入力する。
「=COUNTIFS(範囲1検索条件1範囲2検索条件2)」という意味。

セル「B13」に、「カテゴリーがエンタメ」で「支払元がクレジットカード」だった商品の数が表示される。

まとめ

COUNTIFS関数で複数条件に一致するセルを数える

書き方の例

下記、複数条件に当てはまるセルと同じ行(または列)にあるB列2行目からB列10行目の範囲のセルの平均値を求める。

  • C列2行目からC列10行目の範囲で「エンタメ」という値が入っている
  • D列2行目からD列10行目の範囲で「クレジットカード」という値が入っている

=COUNTIFS(C2:C10,”エンタメ”,D2:D10,”クレジットカード”)

えっちゃん
もうすっかり秋だね
りんちゃん
にゃー
えっちゃん
小さい頃は、どんぐり集め好きだったなぁ




複数条件に一致するセルを数える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA